image

おゆみ野のヤサイ『おゆみ野菜』

私たちは、まず地元の人たちから愛される野菜づくりをしたいと考え、ここ、おゆみ野での野菜販売を小さくはじめました。おゆみ野に暮らす人々の目が届くところで、安心して食べられる野菜をつくり、輸送コストを最小限に抑えて販売しています。

また、農業体験イベントにも参加していただき、生産の現場についても、隅から隅まで見て、さわっていただくとともに、野菜への理解を深めていただければと思い。定期的にイベントを開催しています。

そしていつの日か、おゆみ野に暮らす皆さまから、これが「おゆみ野」のヤサイ『おゆみ野菜』なんだと自慢いただけるような野菜となるように、日々、努力をしています。

image

このページの先頭へ

地産地消

「地産地消」とは、地域で生産された食材をその地域で消費することです。

みなさんの住む地域から、生産地が近く、その生産地で作られる食材をすぐに購入できれば、「とれたて」で「新鮮」な「旬」の食材をお届けすることができます。新鮮さは、何よりもおいしさの秘訣で、食材によっては、とってすぐなら生で食べられるものもあるんですよ。

また、最近では顔の見える野菜も多くなりましたが、農家さんから直接話を聞いたことはありますか?私たちは、実際に食材を作っているので、作り手にしかわからない「こだわり」や「食べ方」、「おいしさ」、「苦労」などを丁寧に伝えたいと思っています。このような話は、スーパーの店員さんからでは聞けません。

さらに、地元でとれた農作物を輸送せず、地域で販売すると、輸送に関わる燃料が減り、また輸送に伴い排出される排気ガスなども減少するので、環境に優しく、地球温暖化の抑制にもつながります。イタリアでは「スローフード」、アメリカでは「CSA[Community Supported Agriculture]」など、 同じような取り組みが行われています。

私たちは、人に地球にやさしい「おゆみ野菜」のある暮らしを提案いたします。

image

このページの先頭へ

お店の地図

このページの先頭へ

木曜朝市の実施

まだ、毎日の販売とはいきませんが、2015年12月の一ヶ月間、木曜限定で朝市を開催しました。

おかげさまで、ご近所の方々から好評をいただき、再開を楽しみにしているという嬉しい声に、野菜ができてくる2016年5月くらいから、木曜朝市の再開を予定しています。

再開時には、どうかまた、ごひいきにしていただきますよう、よろしくお願いいたします。

image

▲ 2015年のオープン時のチラシ

このページの先頭へ


Start! 農縁に参加する

アクセス

農縁会場:成田ガイヤ圃場

〒266-0002
千葉県千葉市緑区平山1048

→地図はこちら

◆ JR外房線「鎌取」駅から車で約8分
◆ 千葉東金道路「高田」より車で約5分